【花粉症対策】つらい症状を改善する7つのチェック項目

未分類

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。

そろそろスギ花粉のピークは過ぎたと天気予報でレポートされていましたが、代わりにヒノキの花粉が出て来たようです。

編集人は検査の結果、スギだけでしかもその症状もかなり軽減化されたので、あまり影響はない昨今ですが、今もつらい症状に悩まされている方は多いかと思います。

体質によって個人差はあると思いますが、編集人が症状を軽減させるため自分用に作ったチェックリストをご紹介します。

以下の要素をチェックしてみてください。

1、発酵食品を毎日摂っているか

腸内環境を整えるには、善玉菌を優位にする必要があります。

※過去の記事はこちら

そのためには、乳酸菌などの善玉菌を摂取することと、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を摂ることも効果的と言われています。

乳酸菌はヨーグルトや漬物などで摂れますが、乳酸菌サプリを使うと手軽です。編集人は安価で乳酸菌の含有量も多い以下のビタトレールをお勧めします。

なお通販の方が安いですが、送料を考えると割高になるときもあるので、2つとか3つまとめ買いしておくのがコスパがいいです。

ビタトレール 整腸薬S錠 360錠[指定医薬部外品]×2セット<Amazonの商品ページにジャンプします>

2、食物繊維をしっかり取っているか

上記の乳酸菌でも出てきましたが、乳酸菌のエサとなり、また腸内の老廃物を絡め取ってくれる食物繊維を含む食品をしっかりと食べることも重要です。

編集人は葉物の野菜などをよく食べていますが、冬場のように価格が高い時は、カット野菜を使ったり、比較的安いシメジやマイタケ、エノキダケなどキノコ類を食べています。

なお青い野菜は漢方でいう陰性で身体を冷やすものもあるので、気になる場合は、ごま油やオリーブ油で加熱するといいでしょう。

3、睡眠をしっかり取っているか

アレルギー症状は免疫系の不調であり、自律神経のバランスを整えるのが効果的です。

そのために規則正しい睡眠を取り、朝は脳内の伝達物質であるセロトニンが出るよう、朝陽の光をたっぷり浴びる必要があります。

仕事で帰宅が遅かったり、テレビやスマホを観たりで、なかなか早く寝ない生活の人が多いですが、身体の機能をバランスよく働かせるためには十分な休養、十分な睡眠は欠かせないところです。

4、ビタミンを適度に摂っているか

身体のバランスを整えるのに、ビタミンや微量栄養素は不可欠です。

野菜や果物、イモ類などバランス良い食事をすればビタミンは摂れますが、なかなか必要な量が摂れるほどたくさん食べるわけではないこともあります。

そのような時は、マルチビタミンのサプリメントを利用すると、まんべんなくビタミンを摂取できます。

ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラル150粒<Amazonの商品ページにジャンプします>

5、食事量は腹七〜八分にしているか?

編集人もついつい食べ過ぎることもありますが、腸内環境を整え、身体の機能を十分働かせるためには、腹八分、できれば七分にして、胃腸に負担をかけないようにする必要があります。

以前ご紹介したように、編集人は甲田式健康法のエッセンスを取り入れ、1日二食、ランチとかでこってりしたものを食べ過ぎた場合は、夜は果物とヨーグルトだけなど、1日一食半にすることもあります。

逆にこってりしたものを大量に食べると、その後消化に体力を使い過ぎて、眠くなってしまうことがあります。それだけ体力を消耗させ、身体に負担をかけているということだと考えられます。

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="035340c2.7da7affc.0c3d4657.8152decc";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1522107999428";

6、爪揉みをしているか?

自分でも手軽にできるマッサージ方法については、以前の記事をご参照ください(→こちら)。

その中でも身体の末梢部の血流を上げて老廃物を効率よく処分するために、爪の付け根をゆっくりと指圧する、爪揉みをお勧めします。

7、ゆっくり腹式呼吸をしているか?

人体のバランスが崩れている時は、だいたい呼吸が浅いとか乱れていることが多いです。

身体のバランスを整える一つの方法として、呼吸法があります。

なかなかそんな時間も取れないかもしれませんが、1日に1回は大きくお腹を動かして、十分に息を吐き切り、自然に入ってくるに任せつつ途中から腹筋をじわーっと膨らませてできるだけ多くの空気を吸い込む、しっかりした腹式呼吸を実行するといいでしょう。

また余力があれば、胡坐をかいたり、椅子に座ったり、ベッドで横になったり、自分がやりやすい格好で構いませんが、目を閉じてゆっくり呼吸する瞑想をすることで、さらに自分の潜在意識や身体と対話ができて、自然治癒力を鍛えるのに役立つ可能性があります。

自分の身体の声を聴いて、身体のバランスを整えることで、花粉症のようなアレルギー症状を緩和することができる(少なくても自分には効果があった)ということを、多くの人に理解してもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました