基礎練習

イメージの使い方

【まとめ】気功の修練にも役立つホ・オポノポノによる潜在意識の浄化

気功の修練で最大の障壁は、筋肉の力みや経絡の詰まりで気の流れがせき止められてしまうことです。 編集人の師匠はパワー主義者で強く高圧力な気のボールを作って、経絡の詰まりを突破するように指導され、そのやり方で小周天はできました。その後、編...
ヘミシンク

【気功】体調や気分がおかしくなる「偏差」を避ける5つの注意点

小周天や気功は、気血の流れを整え、自律神経の働きを適切に保ち、心を静謐(せいひつ)にさせるための有効なメソッドです。しかし、自分の身体のコンディション調整や無理な修練をすると、逆に体調が悪化したり、イライラや落ち込みなど気分に悪影響が出るこ...
修練のコツ

【初心者向け】気功瞑想は座禅よりもカンタン(最初の修練に最適)

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 近隣のお寺で週末に座禅会を実施しているのを見ました。 このような自分の内面に向き合う方が増えているのは、素晴らしいことだと思います。 それだけ日々ノイズに追われていることの裏...
修練のコツ

【小周天】中丹田から下丹田へ戻して仕上げの温養

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 ようやく長い小周天も1周してきました。 小周天のやり方の流れや細かいコツが分かるように、コンテンツ一覧をまとめたので、復習に役立ててください。 ・気の修練法(目次) ...
修練のコツ

【小周天】気のボールの男回りと女回りについて

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 先日、このオンライン小周天セミナーを読んでいただいた方(女性)から、質問をいただきました。 小周天を実現したく、空き時間などに気のボールを作って回すトレーニングを自分でやっていると...
イメージの使い方

【小周天】中丹田はハートチャクラであり、最後の重要ポイント

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 喉でしっかり温養することで、喉に溜まったカルマや邪気がクリーンナップされ、ヴィシュダ・チャクラが活性化されます。 また物事の本質を見通す力が向上するため、意識の状態も変わってくるで...
イメージの使い方

【小周天】上丹田から額の裏、口の中、そして喉へ

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 上丹田で気のボールを十分に温養できたと思います。 ここからはいよいよ、気のボールを任脈(身体の前面の正中線にある気の通り道=経絡)に沿って下ろして行きます。 上行がで...
修練のコツ

【小周天】上丹田で十分に温養する

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 上丹田での温養は十分にできているでしょうか。 これは単に気のボールの質を上げるためだけでなく、上丹田に刺激とエネルギーを与え、活性化させる目的があるので、時間を掛けてでも、...
イメージの使い方

【小周天】天の気とつながって、上丹田で気のボールを温養する

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 気のボールを練って、ビー玉くらいの大きさにして、背骨を通して、後頭部まで通してきました。 <過去記事> ・【小周天】まずは会陰から腰のツボ(命門)まで気を上げる ・【小周天】腰(命...
修練のコツ

【小周天】腰から頭頂へ気を通す5つのコツ

こんにちは。気功家で整体研究家のワタナベです。 下丹田で作った気のボールを、会陰または尾てい骨で地の気とぶつけてスパークさせ、気のボールを強化し、尾てい骨から腰(命門)、背中から後頭部、そして百会まで上げるところまで来ました。 ...
タイトルとURLをコピーしました